モテ服メンズ!意外と知らない「爽やか」な男性を演出する方法

 

 

モテ服メンズ!意外と知らない「爽やか」な男性を演出する方法

 

モテ服メンズ!女性はオシャレの為に、こまめにお化粧したり、夏でも重装備だったり、冬でも生脚だったり、男性から見ても大変そうですよね。さて、今回は男性を爽やかに魅せる方法を紹介します。社会人男性の「大人らしさ」「男らしさ」「爽やかさ」、と言った、誰から見ても好感が持てる印象を、簡単に演出する服装のコーディネートです。今回は特に上半身の服装について解説します。まず、上半身の服装の色は白と青を基本にします。最初に、ボタンネックでノーネクタイでも襟が立つ、Yシャツを着ましょう。選ぶポイントは、水色か薄いグレーのボーダーで、体がスリムに見えて、肩幅がしっかりとして見えます。

 

モテ服メンズコーデで体型が太めの人は、ブルーや紺のボーダーで、少し色を強めにすると、着やせ効果がアップするので、おすすめです。上記のYシャツを半そでと、長そで、それぞれ、最低2〜3着そろえれば、オールシーズンに、対応が可能になります。次に、Yシャツの上に羽織るものです。男性でも社会人が「大人らしく」「爽やかに」見せるなら夏でも冬でも、上にジャケットを羽織った方が、実は落ち着いたオシャレになり、無難で鉄板です。

 

モテ服メンズで夏服は、サマージャケットという薄手のジャケットで、重ね着すると、それほど暑くなく、風通しがいいので簡単です。サマージャケットは多少は奮発して、2万円以上の白を基調とした長そでにすると、春〜夏〜秋の3シーズンに対応できます。(多少の暑さの我慢は必要ですが、女性よりはラクです)後は、冬用のジャケットを購入するだけです。冬用は紺かグレーを基調トした物の方が、落ち着いていて、冬服らしくて自然です。

 

冬用ジャケットは、なるべく薄手のものを選ぶのも、モテ服メンズコーデのポイントになります。冬だからと、ぶくぶくと着膨れするようなジャケットは、マイナスではありませんが、魅力的な演出にはなりません。多少は寒くても、パッと羽織れる薄手のジャケットで、スマートな印象を心がけると「爽やかさ」が保たれます。

 

女子ウケするファッションで人気のジギーズショップをみてみる