春服メンズ!全身黒づくめの男子はシンプルを目指そう!

 

 

 

春服メンズ!全身黒づくめの男子はシンプルを目指そう!

 

春服メンズファッションに自信がない男の人って黒い服を着がちですよね。黒で全身をまとめてもオシャレな人はオシャレなんですが、電車で見かける「真っ黒男子」をよく見てみるとオシャレに目覚めたダサい中学生か!と思ってしまいます。まずは、黒のニット帽。だぼっとした大きめのニット帽にドクロの刺繍が入り、ドドメにチェーン&十字架がプラプラ揺れています。V系好きというならまだ納得なのですが、普段着に合わせるべきニット帽ではないと思います。

 

春服メンズ、今流行っているのは、しっかり素材のニット帽を浅めにかぶってスポーティにまとめるスタイルです。次に、黒のロンT。胸や背中に意味不明の英字がプリントされたTシャツを選んでしまいます。その文字がキラキラするラメ入りだったら、女子はデートの待ち合わせ場所から静かに去ってしまうでしょう。黒のロンTならファストファッションブランドで980円のもので十分ですし、無地に胸ポケットが一つ付いているくらいのものがかっこいいんですよ。

 

さらに、黒のパンツ。ポケットが何個も付いているようなムダ機能がたくさん付いたズボンを選んでしまいます。ポケットが付いているところまでは許せます、しかしそこに物をパンパンに詰めて有効活用してそのパンパンな状態にデートに来られたら・・・と考えるだけでゾッとしてしまいます。パンツならスキニーなどのタイトなものをカッチリ目に着こなすのがまだまだ流行です。

 

最後は、黒い靴。「黒ければ何でもいい」と思ってしまったのか、大手スーパーで投げ売りされているようなノーブランドのダサいスニーカーを履いてしまいます。無駄に靴底が厚く、反射板入りの靴は小学生までにしましょう。一色のシンプルなスニーカーやローファーも、一部にフェイクレザーなどで異素材を使いディティールに差を出すのがオシャレです。一つ一つに個性を出していったら、全身がごちゃごちゃしてしまいオシャレどころではなくなってしまいます。まずは春服メンズファッションのベースをシンプルなアイテムでまとめてみましょう、そこから差し色や個性的な差しアイテムなどで自分らしさを出してみてくださいね。

 

女子ウケするファッションで人気のジギーズショップをみてみる