冬服メンズアウター!寒さばかり気にしたら、ただの人になっちゃう

20代メンズファッション!人気の冬シャツをみてみる

 

 

冬服メンズアウター!寒さばかり気にしたら、ただの人になっちゃう

 

冬服メンズアウターで寒さ対策ばかり考えた服装。無駄な厚着。室内に入ればどこも暖房全開であるので、上にはおるものはコートやダウンというのは分かるけれども、その中に着るものが問題。何枚もシャツを着こみ、さらにぼたっとしたセーター、ネックウォーマーに軍手かというような安っぽい手袋。それだけ着込めば寒くはないんだろうけれど、見栄えは暑苦しい感じ。コートを脱いだ時、毛玉の目立つセーター、伸びきったセーターを目にしたら、幻滅してしまいます。奇抜な柄物はぞっとするばかりです。どこかでコートは脱ぐんだということを想定して、その中の服装に気を配ってほしいものです。 それから、防寒にもなるし、楽に着ることができるのかもしれませんが、冬用のスポーツウェア。どこに行くにも、その格好の人って結構見かけます。でかでかとロゴが入っていたりすると、引いてしまいます。

 

冬服メンズアウターその中に着ているものも大方はジャージ。 あと、どうしても暗くなる色選び。黒っぽいものばかり身に着けて、主張のないファッションが多くなります。本人はそれが無難だと思っているのかもしれませんが、せめてワンポイント華がほしいものです。 冬の小物遣いでも印象が違ってきます。例えば帽子。明らかに本人に合っていない大きさ、色、形。頭が寒くなければそれでいいととりあえずかぶっている感。他をばっちり決めていたとしても、一つ不釣り合いだと、全体とのバランスが崩れて見えてしまいます。 寒くてガタガタ震えているのでは季節感のない人になってしまうのですが、冬なりの冬服メンズアウターファッションも楽しもうという気持ちがほしいです。 私が旦那様にすすめているのは、セーターと袖のないダウン系の上着を同系色にして、マフラーを反対色にするワンポイントおしゃれ。どうしても上体がふくらんだ印象になるので、下はすっと細身のパンツです。髪型は、帽子をとっても崩れないツンツン型。基本、清潔感を大事におすすめしています。

 

女子ウケするメンズ服で人気のジギーズショップをみてみる