女子にモテる服装!色柄派手過ぎ男子はご注意を。。

 

 

 

女子にモテる服装!色柄派手過ぎ男子はご注意を。。

 

20代で女子にモテる服装を意識する『おしゃれ好きな男子』だと、トレンド感、モード感満載なアイテムで頭の上から足先までかためちゃうこともありますよね。おしゃれ過ぎるとおしゃれじゃなくなることってあるので、なんでもほどほどにしておいたほうがいいです。一番目立つのが色柄ですね。デザインでも「おしゃれ過ぎだよ…」と突っ込みたくなることはありますが、色や柄はやっぱり目立つのでダサいと感じやすいです。

 

女子にモテる服装でおしゃれなコーデをざっと見ていくとわかるんですが、意外とみんな色柄は地味です。ほとんど柄はないぐらいです。色も差し色が一色あるかどうか。だいたい定番色しか使っていません。青とか緑ならまだおしゃれかな、と思いますが、赤とかピンクとかオレンジとか黄色などの派手な色を、一色ではなくごちゃごちゃコーデにつめこんじゃうと大変です。「このひとオシャレ好きなんだな」と思われないぐらいがちょうどいいんですよね。

 

どれもこだわりのアイテムで高そうなんだろうな…と思うけれど、それが「素敵じゃない」ように見えたら終わりです。色とか柄物を取り入れたいなら小物にしておくといいですよ。ちら見えぐらいの。時計とか、ベルト、Tシャツの襟元にぶらさげる飾りメガネとか、靴、バッグ、これなら、派手目の色柄でも平気です。基本的に女子にモテる服装って服に派手な色柄を持ってくると、悪目立ちしてダサく見えちゃいます。20代男子の場合、若さがあるので、色柄は地味ぐらいでちょうどいいんですよね。かえってモノトーンのほうが素敵に見えます。ただ、服のデザインだけ注意するといいです。地味なのになんでおしゃれ?と思われるほうがいいんです。色柄勝負は20代の男性の場合、女子にモテる服装を意識しすぎず自然体でいいんじゃないかなって思いますよ。

 

女子ウケするファッションで人気のジギーズショップをみてみる