メンズトータルコーディネートの極意!身の丈にあっていない服の本質

 

 

 

メンズトータルコーディネートの極意!身の丈にあっていない服の本質

 

僕は30代の会社員です。もともとアパレルショップで販売員をしていました。その時のお客さんは20代男性がターゲットのお店で、日々多くのお客さんと接していて、メンズトータルコーディネート「かっこいいな」と思える人ばかりではなく、中には「この人のファッションはないな。。」と思えるような人もいました。特にダサさを感じるのはメンズトータルコーディネートでバランスが悪いファッションでした。

 

例えばセットアップではないのにメンズトータルコーディネートで上下の柄・色が同じで反発しているものや、丈が体とあっていないもの、自身の雰囲気にあっていないなどです。また今では減ってきましたが、B系のファッション(だぼだぼなズボンやシャツ)などは見ていて「きついな」と思っていました。最近では韓流っぽい細いスキニーに大きめのスウェットを合わせる人やミリタリー系などを取り入れたりしている人をよく見かけるようになりました。そういうファッションをするにしてもそのファッションのバックボーンを知らずに着ているのはダサいと感じます。

 

ブランドの生い立ちやデザイナー、古着であればその服のルーツや地域などを知っているだけで全然違います。つまりは服に着られているか自分から着ているのかが違います。またいわゆるメンズトータルコーディネートでダサいファッションをしている人に共通していえるのが、周りからどう見えるかを考えていないということです。「ファッションに興味がない」とか「自分が好きなものを着ればいい」というのは確かに個々人の自由ですが、20代から今後30代40代になっていく上で、人にどう見られるか、どういう印象を持たれるか、また一緒に行動をする人や場面を考えて自身のファッションを考える必要があります。ですのでメンズトータルコーディネートで自分に似合っていないものや意味を理解し、意識的にファッションを選んでいる人はとてもかっこいいと思います。

 

女子ウケするジギーズショップのコーデをみてみる