20代秋冬服メンズコーデ@反面教師でダサい男から学べること

 

 

 

20代秋冬服メンズコーデ@反面教師でダサい男から学べること

 

20代秋冬服メンズコーデでダサいファッションといえばオタク系の男性の服装がすぐイメージされる。20代秋冬服メンズコーデで具体的に言えば上着とパンツのバランス、そしてやはり足元の靴も汚れていたり履きつぶした感のある男だ。電車内でも見かけるが、メンズファッションもだらしないが、、、仕事もできないだろうなという印象を受ける。これは男女共通として第一印象で感じるものだと思います。20代秋冬服メンズコーデのボトムスもデニムでサイズ感が中途半端であったり洗濯していないのかなと感じられる見た目は致命的である。ポロシャツやTシャツの下にタンクトップのラインがみえていることはオヤジだなという印象をうけてしまうので要注意だ。思わず「それは無いだろう」と強く感じる。ダサいのはもちろんオタクだけではない。20代秋冬服メンズコーデに気をつかっていているが大いに勘違いをしている人もいる。着こなしが難しいアイテムをくみあわしていてアンバランスになりルックスが浮き上がっている人も多くみかける。パンツのベルトラインからぶらさげているシルバーのウォレットチェーンやEXILE風のチャラチャラしたファッションは女性の失笑もまねきかねない。

 

20代秋冬服メンズコーデでアクセサリーをみにつけているオトコもよほどセンスがないと不潔さとナルシストな嫌悪感を感じさせる。オタク系に戻るかもしれないがTシャツやポロシャツをデニムの中に入れ込んでいる人はまぎれもなくダサい。20代ゆえに自己表現したく冒険心があるのはいいのだが流行を無理にとりいれたりするのいただけない。また世代的にヒップホップ系のファッションのカッコよさに強くひきこまれカッコよさを体現している人がそのテイストを20代になってからのファッションにに取り入れているケースは確実にいえるのではないだろうか。ストリート系で10代のときダボッとしたルーズで大きなパンツを好んではくのが主流だったのだろうが、今ではかなりスリムなパンツをはいている人も多い。スキニータイトな感じはスーツにもみられるようだが女性にはウケはない。ダサいのと女性の高感度は関係ないといえる。やはり20代秋冬服メンズコーデで組み合わせのセンスがずれているのがダサい男といえるのではないだろうか。センスがない、または自信がない場合は着こなしを一式全身で揃えて購入することで失敗をさけれるのでオススメしたい。写真を見てもわかるように間違いがないのが現実だ。

 

女子ウケするジギーズショップのコーデをみてみる